おめでとう14周年

 f:id:cgka10:20170915213744j:image

 

2017 / 09 / 15


NEWS 14th Anniversary 𓂃 𓈒𓏸

 


15年目に突入。

 

私がそもそもジャニオタになったきっかけはNEWSだった。

 

おそらくバレーボールでNEWSを見て知った。少クラもそこから見始めたのかな。そこらへんは曖昧...

 
そして、翌年の小学校の運動会。ダンスの初練習の時間で体育館に入ろうとしたら、しれっと流れてきた音楽がまさかの希望Yell。体育館の入り口で、一緒にNEWSを好きになっていた友達と抱き合って叫びながらめちゃくちゃ喜んだ。

 

小4の時にNEWSのコンサートに連れて行ってもらった。はじめての生NEWS。草野もまだステージの上に居た時代。

当時の記憶はめちゃくちゃ覚えてる。はじめて生で見た芸能人が、はじめて生で見たアイドルが、こんなにもキラキラしていて今まで味わったことのない夢の世界へと導いてくれるだなんて....と感動したなあ。

スタトロ最前の席で、スタトロでメンバーが来た。手越とタッチ。たぶん、ここから私の人生が変わってしまった。

 

中学生の頃も、学校早退して昼からコンサートに行ったりもしてたなあ。

 

それからのとある数年は、JUMPやキスマイ、エイト、関ジュ、セクゾ、えび、その他Jr.等、いろんなグループのコンサートやイベントにも行ったり来たりしててDDを彷徨っていたけど、結局戻ってくるのはNEWSだった。( DD生活もなかなか楽しかったけど )

 

タッチできたり、握手できたり、頭ポンポンしてくれたり、名前呼んでくれたり、遭遇もしたり、、ほんとに幅広くいろんなファンサービスを味わってきたのに、結局いちばん大切にしたいのはNEWSだった。

 

これが ” 運命のひと ” ってやつなのか? ( かっこよく言ってみた )

 
昔書いていた日記やコンサートのレポを読み返してみれば、かなり痛いオタクをしていたんだなと実感するけど、でもそれを最悪とは思えないし、むしろ懐かしいなあって思える。

 
中学の頃なんて、有名になるためにHPをやたらアピールしに行ったり、ランクポチお願いしたり、マガ配信したり、前略プロフに全力注ぎこんでた。専用絵文字や専用ニックネームまで作ってた。いちばん独占欲が強かった時代。懐かし。

 

高校の頃は、デコログとツイッターがメインになっていて、会うひとみんなと手紙交換したり、会場で集合写真撮ったりしてた。懐かし。

 
本当にあの頃のオタク生活たのしかった!!!!

 

いま思えば、よくあんなにいろんなグループをいっぺんに追っかけできてたなぁって。

 

 

大学生になって環境が変わり、周りの仲良かったともだちが次々とオタ卒してしまった。大学でも、そもそもクラスにジャニオタが居なかったから、疎外感が半端じゃなかった。( オタク友達を探してた )


オタクするのも少し疲れてきて、絶賛冷め期を味わった。

 

ツアーが決まってもモチベなくて、とりあえず名義はあるし当たればひとりで行こうっていう気持ちで申し込んだ。大阪1公演しか当選しなかった。今まで複数公演当たってたやん。余計に冷めたよね。

 

「もういいや、もうこのツアーで自分もとうとうオタ卒か...」と感じるほど冷め切ってて、チケット探しも数年前よりかは相場も高かったし諦めてた。( 定価主義 )

 

そんなこんなで唯一当選した公演のチケットが届くと、スタンドHブロ1列。

 

(°_°)(°_°)(°_°)(°_°)(°_°)(°_°)(°_°)

 

大きな幸せが舞い降りてきた。幻なんじゃないかって疑ったけど、チケットを何回見てもHブロ1列。城ホのブロックが既に頭の中に入っていたから、すぐに確信できた。この席はヤバイって。外周ある構成だったからね。

  

スタンド最前でしかもファンサまでもらえて、こんなに幸せがこぼれ落ちそうなコンサート、経験したことない!

 

クリエ最前とマリンメッセ最前も経験したことあるけど、ダントツで城ホ最前がいちばん深かった。


ここでまたオタクへの沼に引きずり戻された....

社会人一年目の春でメンタルやられまくってた時期だったから、この公演でとんでもないくらいでっかいパワーもらった。仕事がんばろうって思えたし、ずっと思い出して仕事と向き合ってた。
( 結局、このツアーは福岡と東京も譲ってもらって入りました )

 

 

私の人生に、ジャニーズは付き物なんじゃないかな。

いや、私の人生からジャニーズを抜いたら、何も残らない。

 

 

いま考えると、親が理解してくれてないと、小学生の頃からコンサートなんて行けてなかったもんね。まあ、その理解は親がジャニーズ好きだったからっていうのもある。

 

自分で稼げるようになってから、チケット代金でさえ稼ぐのも大変だし、改めて有り難みを感じた。

 

  

10年以上オタクやってると、コンサートでメンバーが出てくる前から「あぁ...泣きそう」とか、座席に拘らず「同じ空間に居られるだけで幸せ」とか、純粋だった感情はいまではもう無くなってて、そういう気持ちを忘れてた。

 

今じゃ、ファンサ厨。

 

 

500円でチケット譲ってもらってた時代とかものすごく懐かしいなあ。今の若い子たちは、この時代を知らないんだろうな。

 

これが所謂、世代交代ってやつか。

 

自分も歳とったもんだな。

 

 

年齢にとらわれないで、すきなものはとことんすきでいて、自分の人生だから、自分なりにたのしんで生きていこうとおもいまーす!

 

 

15周年、たのしみですね

 

 

f:id:cgka10:20170915200059j:image

 

986日々、だから今があって、

          やっと叶えた、この4あわせ